ぼちぼち日記

30代、独身男のどうでもいい日常。

死ぬほど読書

読みました。

丹羽宇一郎さん著『死ぬほど読書』

最近読書ペースがかなりローペースなので気合い注入の意を込めて。

f:id:sngksmt84:20170923001704j:image

私が読書をするのは普段できない経験を文字を通して体験したり、知らないことを知れるから。

そらリアルに体験するに越したことはないけど、全部できませんやんってことで。

仕事柄、世の中色んな価値観や考え方があるというのも知る必要もあるなと思ってまして、それには小説が個人的にはうってつけ。

 

読書の効能は、即効性があるものでもありませんが、本を通してストンと腑に落ちることもあります。

本を買う基準は「お、面白そう」って思えたかどうか。ちょっとでも興味が出たなら買ったほうがいいそうですね。

この新書を読んで、やっぱり本を読むって良いことでっせーって教えてもらいました。

 

さ、『アキラとあきら』の続き読も。